ウィーン国立歌劇場を楽しむために知っておくべきこと

オーストリアはかの有名なモーツァルトが誕生した国でもあり、人々の生活の中で音楽は身近な存在となっています。オペラはウィーンの人々の社交の場でもあり、節度とマナーを守って楽しむことが重要です。ウィーンで有名なウィーン国立歌劇場では日々様々な演目のオペラを楽しむことが可能です。演目や座席によってチケットの金額は変わってきますが、人気の演目はチケットが直ぐに売り切れてしまうほどです。オペラ鑑賞の際は、男女共に服装に注意する必要があります。昔と違いドレスコードが必ずしも必要ではありませんが、一階の前列でオペラを鑑賞する際は、男性はネクタイ、女性はワンピースにハイヒールといった正装に近いスタイルを心がける必要があります。一方最上階の立ち見席では比較的カジュアルな服装でも良しとされておりそれ程神経質になる必要はありません。これらのことから鑑賞する演目や席に考慮した服装を心がけることが重要です。

ウィーン・フォルクスオーパーの楽しみ方

ウィーンにはウィーン・フォルクスオーパーという劇場があり、オペレッタを鑑賞することができます。この劇場はウィーン9区に位置しており、電車で訪れることができるため観光客でも気軽に訪れることができます。オペレッタはきらびやかな豪華な衣装をまとって出演するオペラとは異なり、カジュアルな服装で舞台に立ちます。笑いを誘うコミカルな演目はオペラとは全く違う楽しみを与えてくれます。オペレッタを鑑賞する際はオペラ鑑賞の時程服装にこだわる必要はなく、気軽に鑑賞できます。しかし会場で案内してくれるスタッフは教育が行き届いており気持ち良いおもてなしを受けれます。ウィーン国立歌劇場とはまた違った音楽文化を味わえるスポットです。