一年中阿波踊りを見ることができます

一度は生で見てみたい夏の大きなお祭りである阿波踊りですが、8月のお盆の時期だけでなく、一年中阿波踊りを見ることができる施設があります。会館内のミュージアムでは阿波踊りの歴史について学ぶことができ、ホールでは阿波踊りの実演が行われています。ほぼ毎日行われる公演は、専属の阿波踊り連や有名連が出演しており、最後には観客も一緒に踊ることができる体験コーナーもあります。 この阿波踊り施設のそばには、眉山という眉の形をした山があります。徳島市民に親しまれているこの山にはロープウェイがあり、約6分の間空中散歩を楽しめます。眉山山頂からの眺めは美しく、街並みや吉野川はもちろんのこと、和歌山や淡路島まで見渡すことができます。夜景も人気があります。

鳴門の渦潮や祖谷のかずら橋で自然に触れよう

徳島県は鳴門の渦潮が有名です。大鳴門橋橋桁空間には遊歩道が設置されており、この展望室に続く約450mの遊歩道を海上散歩することができます。展望室の床にはガラスがはめ込まれており、約45mの距離で渦を眺めると吸い込まれそうになります。轟音を響かせながら荒れ狂う激しい潮の流れも体感できます。 祖谷のかずら橋もスリルを味わうことができる観光スポットです。秘境である祖谷には、自生のシラクチカズラを編んで作られたかずら橋があります。この橋は国指定重要有形民俗文化財であり、名所となっています。清流祖谷川の断崖にかけられたかずら橋は一歩進むごとにゆらゆらと揺れます。かずら橋の周囲には原生林が広がっており、四季折々に美しい景観を楽しめます。