パウダースノーを楽しむことができる

北海道のニセコは、フカフカのパウダースノーが楽しめる日本でも有数のスキー場です。ニセコは世界でも2番目に降雪量が多いといわれているスキー場なのです。水分量が少ないニセコの雪は、とても軽く初心者がスキーを楽しんだとしても、中級者や上級者になったかのように上手に滑ることができます。また、羊蹄山を診ながら滑ることができ絶景なのも良いところ。ニセコスキー場は、「ニセコHANAZONOリゾート」と「ニセコマウンテンリゾートグランヒラフ」、「ニセコビレッジスキーリゾート」、「ニセコアンヌプリ国際スキー場」の4つのスキー場があり、山頂にてそれぞれのコースが接続されていますので、たくさんのコースを滑ることができます。

初心者から上級者まで楽しめる多種多彩なコース

ニセコのスキー場の特徴は、4つのスキー場が接続されていますので、全部のコースの共通のリフト券を購入することで、すべてのスキー場を滑ることができます。そのため、林間コースのような初心者向けのコースから、難易度の高い上級者コースまで多種多様なコースがあり、あらゆるレベルのスキーヤーを楽しませてくれます。また、コース幅も広いのでとても滑りやすいです。コースの中には、圧雪されたコースと、あえて圧雪していないコースが設けられていますので、あらゆるシチュエーションでの滑走が楽しめます。ゲレンデの一角では、スノーモービルを楽しめるコースなどもあり、様々なアクティビティーを楽しむこともできます。クリスマスにはサンタがプレゼントを配ってくれたり、年末にはたいまつ滑走が行われるなどイベントも多数開催されます。